18歳は大人ニキビはできるの?

18歳でも大人ニキビはできます。18歳くらいの年齢になると大人ニキビの原因であるホルモンバランスの乱れや、メイク化粧品による肌トラブル、お肌の乾燥が目立ちやすい時期に入ってくるので大人ニキビができても不思議ではないです。また個人差はありますが、思春期ニキビの原因である男性ホルモンの増加というのも落ち着いてくる時期なので18歳でも自分は大人ニキビではないか?と疑ってスキンケアするのがいいと思います。

<大人ニキビと思春期ニキビそれぞれの特徴>
思春期ニキビはTゾーンを中心におでこや鼻、眉の間といった部分に多くできる傾向があります。これはTラインは男性ホルモンの影響が受けやすい部位と言われているからです。

一方大人ニキビはUライン(Uゾーン)を中心にできます。なので頬、あご、フェイスライン(顔周り)、口もとなどです。uラインニキビは乾燥しやすかったり、毛穴が小さい部位で、ホルモンバランスの影響により肌トラブルが起きやすい部位です。ホルモンが崩れるとお肌の水分油分のバランスが崩れやすくなるので、汗線が少なく乾燥しやすいUゾーンにできやすいのです。
またUラインにできる大人ニキビはなかなか治りにくい(繰り返しできやすい)といった特徴や
治っても赤い色素沈着として残りやすいといった特徴もあります。
<大人ニキビができやすい原因>
・メイクをしていることで毛穴がつまりニキビの原因となる
・ホルモンバランスの乱れによりお肌の水分油分のバランスが崩れている
・肌の乾燥により角質が毛穴を塞いで皮脂が詰まってしまう
・基礎化粧品による保湿不足

<まとめ>
まとめると18歳でも大人ニキビになる可能性は十分あるということ!
そのため10代向けのニキビケア化粧品を使っていては治すのは難しいと思います。10代の思春期ニキビは男性ホルモンが増えて皮脂の過剰分泌が大きな原因ですが、上記で説明したように大人ニキビとはそもそも原因が違うので、大人ニキビにあったニキビケアするのが治すのに効果が期待できます。自分にあった基礎化粧品を見つけるのは難しいですが大人ニキビ対策にいい化粧品は保湿力に優れているという特徴があります。基礎化粧品選びの参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA